小顔マッサージ 田中

田中宥久子先生の小顔マッサージをさらに効果的にするために。

田中宥久子先生の小顔マッサージ(造顔マッサージ)は、画期的な方法で本当に小顔になれた!と少し前に騒がれましたよね!

 

田中宥久子先生の小顔マッサージ方法を100倍も1000倍も効果的にする方法

 

もちろん、この造顔マッサージは今も健在で、小顔になりたい女子の間で大人気なんですが、
どうやら効果が出ない・・・
難しい・・・
あってるかわからない。

 

という人もいるんです。そんな人のためにも、造顔マッサージの効果を100倍にも1000倍にもしてしまう方法を伝授します^^

 

 

まずは造顔マッサージの基本をマスター!

小顔になりたい〜ゆるみっぱなしの顔筋を引き締めて、顔のたるみや目の下のたるみ、ほうれい線をなくしたいと思いますよね!それなら、まずは、小顔になるためにも、田中宥久子先生の造顔マッサージを知っておく必要があります。

 

 

本来なら、田中先生本人に直伝してもらいたいところですが、残念ながらお亡くなりになられていますし、サロンへ行くことが簡単にできるのであれば、自宅で自分でなんとかしようなんて思わないですしね!

 

そこで、ユーチューブに造顔マッサージの方法があるので、こちらを参考にマッサージの基本を覚えていきましょう!

 

 

とりあえずは、この動画だけの内容でのマッサージでOK。田中宥久子先生の本やDVDもでているので、本格的な方法が知りたい場合は、そちらを購入するのもおすすめです。

 

動画でわかりにくい人のために、書き起こししておきます!

 

<準備運動編>
@マッサージの前に巨峰大ぐらいのクリームを肌に塗る。
油分控えめ、指止まりの良いものを選ぶといい。

 

A人差し指、中指、薬指を耳の前に添える。圧力をかけるように、指全体でぐーっと押す。

 

B3本の指全体で、耳の前に圧力をかけながら、首筋⇒鎖骨まで流す。これを3回

 

<ステップ1>

 

<額>
@マッサージクリームをつけて、両方の指3本を額の中心に合わせておく。
↓↓こんな感じ。

 

A圧力をかけながら、額⇒こめかみ⇒耳前⇒首筋⇒鎖骨と流していく。
これを数回繰り返す。

 

<目の周り>
B指1本で目の下⇒眉下を通りながら眉頭を軽くプッシュ
田中宥久子先生の小顔マッサージ方法を100倍も1000倍も効果的にする方法

 

C目尻に戻り、目頭に行き、黒目の外側をプッシュ⇒
耳の前⇒首筋⇒鎖骨で1回。
黒目の外側??とわかりにくいんですが、こめかみ付近です。

 

D BCを3回繰り返す

 

<口周り>
E口角の横から(唇の下あたり)鼻の下に指3本で、歯茎に当たるように圧力をかけながら、流す。
これを3回繰り返す。

 

<小鼻の汚れ取り>
F小鼻の溝を指で5回ほどなでる。

 

G鼻筋に向かって八の字に指を流す。これを3回して、指をこめかみに流し、首筋、鎖骨へと流す。

 

H FGを数回繰り返す

 

ここまでのステップは痛くする必要はなし!

 

<ステップ2>

 

<リフトアップ>
@クリームをさらに足す

 

A指3本の第一関節、第二関節を使いながら、顎の中央に置き、口角⇒小鼻⇒目頭に。
そのまま、こめかみ⇒耳前⇒首筋⇒鎖骨へ。
これを3回ほど。

モデルさんには悪いですけど、すんげー顔になってますw

 

<ほうれい線>
B左手を顎下に添えて、右手の指の原で、顎の中央から目頭へ肉を持ちあげ、こめかみの方へ流し、首筋⇒鎖骨

 

C反対の頬も同じように、左右交互に行う。
左右3回ずつ

 

<小鼻の横の脂肪>
D小鼻の横に肘を張って、指をおく。
E指全体かなり圧力をかけながら、小鼻の横⇒耳前⇒首筋⇒鎖骨へ流す
Fこれを3回

 

 

 

<ステップ3>

 

<たるみ>
@手の平の親指の膨らんでいるところを、小鼻と頬骨にぐっと差し込む。
↓↓こんな感じ

 

A頬骨に沿ってゆっくり耳前に引く。

 

Bそのまま耳前を通り首筋に。これを3回繰り返す

 

C手の平の親指の膨らんでいるところを、口角にあて、口角の横から頬骨の方に斜めにぐーっと持ちあげる。
耳前を通って首筋に。これも3回繰り返す。

 

<二重あご>
D方手の手の平の親指の部分を顎にぐっと差し込む。

 

E親指が耳の後ろに行くまで引っ張り上げる。

 

F左右交互に3回づつ行う。

 

G次に手を全部開いて、親指から人差し指の側面を顔全体にくっつける。

 

H全部の老廃物をフェイスラインの横に持っていく感じで、隙間が開かないようにそのまま真横に引っ張る。

 

I真横に引っ張ったら、耳横、首筋に。これを3回繰り返す

 

<額のしわ・眉間のしわ改善>
J片手で額に手をあて、縦にジグザグと指の腹でゆっくりなでる。

 

K額の真ん中に指をおき、こめかみ⇒耳前⇒首筋⇒鎖骨を通る。

 

J、Kの回数はわからないのですが、3回程度でOKだと思われます。

 

 

ここまでが、動画で紹介されている基本の造顔マッサージのステップです。

 

基本を抑えたら、100倍、1000倍と効果的にマッサージを行う方法を!

造顔マッサージの基本を抑えましたでしょうか??もちろんのことですが、造顔マッサージを行う前には、マッサージに最適なクリームを使用するのですが、まさかクリームなしで行っていないですよね?!

 

顔筋を鍛えて、たるんだ肌をリフトアップさせるためにも、マッサージクリームは必要なんですが、なんでも良いわけではありません。田中先生のマッサージを効果的に出来る方法をレクチャーする前に、マッサージに最低なクリームの選び方を紹介しておきます。

 

田中宥久子先生の小顔マッサージ方法を100倍も1000倍も効果的にする方法

 

マッサージに最適なクリームの選び方

 

マッサージなど造顔マッサージでなくても、肌を触って摩擦によるダメージから肌を守るためにも、必ずクリームは必要です。ニベアならあるよ♪って人もいるかと思いますが、自宅にあるクリームでも何でもOKなんです〜と言いたいところですが、実はそうもいきません。

 

 

肌を軽くマッサージする程度であれば、いつも使ってるクリームでも良いですが、造顔マッサージのような顔を一回りも二回りも小さくしてやろう!というマッサージには、弾力性のあるマッサージクリームが最適です。造顔マッサージは、顔に圧力をかけて顔筋を強化していくもの。この圧力に耐えられるクリームでなければ、いくらマッサージが効果的でも皮膚にダメージを与えてしまうので、マッサージなど出来ない肌になってしまいます。

 

 

小顔になるどころか、肌にダメージを与えてしまうことになるので、マッサージクリーム選びは重要なんです。弾力性のあるクリームまたはジェルがおすすめなのですが、普段なら絶対に使いたくないようなコテコテなゲルなんかもいいですね。朝はなかなか浸透しないから使いたくないのよね〜というジェルがあれば、それを使ってください(笑)

 

私がこのマッサージクリーム良かったわ!というものを上げておきます

 


>>メビウス製薬ホワイトニングリフトケアジェル

 

 

私のお気に入りのマッサージゲルは、マッサージ専用というわけではありません。いや、ホワイトニングリフトケアジェルはマッサージ推奨のゲルで、マッサージすることで、肌のたるみ、ほうれい線はもちろん、シミや美白効果があります。

 

メビウス製薬のゲル以外では、
田中宥久子先生の小顔マッサージ方法を100倍も1000倍も効果的にする方法
>>青じゅる

 

田中宥久子先生の小顔マッサージ方法を100倍も1000倍も効果的にする方法
>>コンシダーマル

 

などが良かったです。他にも使ってはみたんですが、濃厚さがあるジェルが圧力にも耐えられるので、この3つのゲルがちょうど良かったです。3商品のジェルって、全てオールインワン化粧品なんですよ!
気づきました〜!?

 

 

なぜ、全てオールインワンなのかというと、朝も使える!夜オールインワンゲルでのマッサージなら拭き取る必要も、洗い流す必要もなくって簡単!という理由です。さらに、造顔マッサージとの併用で効果が100倍にも1000倍にもなっていくんです!!

 

 

あっ!わかりました??そうなんです、造顔マッサージをより効果的にするには、使用するマッサージゲルにあったんです。

使用する化粧品次第でマッサージ効果が変わる?!

メビウス製薬のホワイトニングリフトケアジェルは、マッサージをすることでシミ、くすみに効果的なんです。医学雑誌の医学と薬学にも掲載されて、シミへの効果が立証されているマッサージゲル。

 

 

マッサージをすることで、シミや美白だけでなく、肌全体のリフトアップ、もちろんほうれい線を消したいという人も最適なオールインワンなんです。シミウスのホワイトニングリフトケアジェルと田中先生の造顔マッサージを併用すると、肌質は柔らかくなるし、顔が上がります。

 

 

さらに血行もよくなるので、顔色が変化します。これは美白とは違いますが、青白い血色の悪い肌はなく、健康的な肌色に変化していきます。そして、美白効果のあるゲルの使用で、シミやくすみを一層するので、ワントーンと言わず2トーンぐらい明るくなってしまいますwww

 

 

ホワイトニングリフトケアジェルを購入した時に入っていた冊子にも、マッサージの方法は書いてあったんですが、どうせならがっつり小顔にしたいな〜と思いますよね!
たるたるの顎を引き締めたいし、目元のたるみをかわいい涙袋♪っていわれるぐらいにしたいですし!なによりも、ほうれい線を消したいですもん。

 

 

ホワイトニングリフトケアジェルのマッサージ方法は簡単なので、朝の忙しい時や時間のない時はこの簡単な方法でOK。日頃のたるみや若返りを目指すなら造顔マッサージををホワイトニングリフtケアジェルと一緒にするといいです。

 

ホワイトニングリフトケアジェルは弾力あるし、濃厚なテクスチャーだから、圧力をかけて行う造顔マッサージには最適なんです。

 

田中宥久子先生の小顔マッサージ方法を100倍も1000倍も効果的にする方法
↑↑このように、見た目だけでも濃厚で弾力ありそうなのがわかりますよね〜!

 

 

造顔マッサージだけでも十分に効果があるよ。という人もいるのですが、どうせなら使用するクリームにも、エイジング効果が備わっていると、その効果も100倍とは言わずに1000倍ぐらいになっちゃうかもしれないです!もし、今お使いのゲルが造顔マッサージに最適だと思っていたら、もちろんそれを使った方がいいです。

 

ただ、どれがいいのか迷ってるなら、ホワイトニングリフトケアジェルでマッサージしていくと驚きます♪
>>マッサージゲルに迷ったらこのゲルで試してみて。

 

そもそも造顔マッサージの効果とは??

顔の筋力を強化して、肌のたるみを引き締めることのできるマッサージ
老廃物を流すことができるので、新陳代謝がよくなる
顔の余分な脂肪を除去することができる
肌にハリを与える
シワやほうれい線を薄くすることができる
代謝がよくなるので、肌の透明感が増し、シミ排出を促すことできる

と、年齢肌の女子の悩みを全てカバーしてくれるのが造顔マッサージ。

 

 

こんなに、素敵なアンチエイジングケアが自分の手で無料で行えるのに、使用するマッサージゲルを間違えると、効果は半減。半減どころか、肌を傷めて、傷つけてしまうので、シミや色素沈着の原因になったり、弾力のないゲルの使用で、余計なシワができてしまったりもします。

 

田中宥久子先生の小顔マッサージ方法を100倍も1000倍も効果的にする方法

 

造顔マッサージだけでもダメですし、エイジング効果のあるクリームを肌に塗っているだけでは、いつまで経っても老化は減少してくれません。マッサージとホワイトニングリフトケアジェルを組み合わせることが、より効果を倍増させてくれるんです。

 

 

造顔マッサージの効果を引き出すためにも、シミや美白効果はもちろん、リフトアップ、シワ改善を促すジェルとの併用が私たちアラフォーの「老けたくない!」を実現させてくれるんです♪
もちろん、小顔にも!
小顔になってたるんだ肌が引き締まれば、年齢よりも下に見られますしね!

 

>>造顔マッサージと相性の良いオールインワンゲルの詳細はこちら